社員のページ

EMOTION感性  NO.1537 令和5-1-16 ◆労働時間の上限規制問題2023.01.16

NO.1537 令和5-1-16   
◆労働時間の上限規制問題
2023年4月以降中小企業に猶予されていた「時間外労働割増賃金率の引上げ」が法律で業界にも導入されます。この変更で月間60時間を超える時間外労働の割増賃金率が、現行の25%から50%へと引上げられます。

原材料費や燃料費の高騰に加え人件費のさらなる値上がりが経営に与える影響は大きいものがあります。これまでの度重なる法改正の変化にも、努力で何とか乗り越えてきました。しかしコロナ禍対応や半導体問題の影響で、当社の実績が下がって今までの努力のみでは解決できない状況です。あわせて24年問題を解決していく力を持たなければなりません。

現在、各荷主と価格改定の折衝に力を入れています。折衝中に事故・トラベルは厳禁です。
「ひろりくの安全」つくりが絶対です。『事故をしないひろりくになる』です・・・
安全と品格のためにクレドの実行です!

・ドライバーが交通場面に潜む危険を的確に予測し、それを回避する能力向上ができます。
交差点右折時の対向車や歩行者、単路での前車の急停止、住宅街などでの子供の飛び出しや高齢者の急な横断など、交通場面には本当に予測のつかない様々な危険が潜んでいます。

ドローンや自動運転の車両が町を行き交い、ロボットが荷物をエンドユーザーまで届ける社会の実現は、まだまだ先の話・・
働く環境を荷主とよく話して改善させることからです。そして価格改定が実施できなければなりません。
「社員の働き方改革」という目的のためにも投資は必要かですが、従業員の労働時間を短縮する、に繋がることが必要です。


記事の一覧へ

Copyright©広島陸送株式会社 All Rights Reserved